畑を耕すチャンスは落ちていない

チャンスはやってくるが、見落とせない。「作るもの」とよく云ったものだ。

こんな天候不順じゃ、チャンスが訪れるのが少ない。その日に2時間も時間があれば、労を惜しまずにやってしまうことが野菜作りには大事なことだと思うこのごろです。

土が乾くまでに雨が降るのだから困る。少ないチャンスを生かして準備を進めるしかないのだ。耕すチャンスは探して作るもの。

短い期間に天災、天候不順、異常気象と続く。天では何が起こっているのだろう。来月には皆既日食が起き、6月にはヴィーナストランジットが起きる。地に住む我々には計り知れないことだろう、きっと。